ブックメーカーでサッカーにBETしてみよう

サッカーボール お金

ブックメーカーで大人気のサッカー。

ブックメーカーはサッカーの勝敗予想のためにあると言ってもいいでしょう。

サッカーのブックメーカーを専門としたGOAL BETでは、ブックメーカーの始め方から、最新情報までをお届けします。

まだBET経験がなく、登録方法や賭け方がわからない方、経験はあるが勝率をアップさせたい方などはぜひ参考にしてください。

特に詳しくなくても、ブックメーカーの初心者にはサッカーをおすすめします。

情報量が圧倒的に多く、日本語サイトすべてでサッカーのオッズがある事が第一の理由です。第2理由は、サッカーは人気が高くユーザーが多いので、ブックメーカー同士の競争が激しく、高オッズを提示しているからです。

サッカーのオッズが低いと、ユーザー数が減ってしまうのです。

イギリスでは、サッカーのオッズだけを比較する専門サイトがあるぐらいです。

イングランドのプレミアリーグだけではなく、欧州・南米主要リーグすべてのオッズを比較しています。

ブックメーカー サッカーのオッズ

BET

ブックメーカーのサッカーには多数のオッズが用意されています。ブックメーカーにとってサッカーは特別なので、他の人気スポーツの倍以上はあるでしょう。

賭け方は数多くあるのですが、ここでは主な人気オッズとおすすめのオッズを紹介します。

ゲームの勝敗予想
サッカーの勝敗予想をするだけで、賭け方はとても簡単です。
勝敗予想にはハンデありで賭ける事もできます。ハンデの数値は、ブックメーカーごとに違います。
コーナーキック
ブックメーカーではコーナーキックの本数を予想することがとても流行っています。
前後半だけのコーナーキック本数を予想するオッズから、1試合の中でコーナーキック本数を予想するオッズなど、コーナーキックだけでも多種多様なオッズがあります。
しかも勝敗予想のように、コーナーキックにもハンデを足した本数の予想があります。
ファーストゴール ファーストゴールスコアラー
先制点を取るチームを予想します。
ファーストゴールスコアラーは、どの選手が先制点をあげるかを予想オッズです。
セリエAで多い0-0のゲームがサッカーにはあります。無得点(スコアレスドロー)を予想した場合は「ノーファーストゴール(NO 1ST GOAL)」に賭けてください。

オッズメニューを数種類だけピックアップしましたが、ブックメーカーはJリーグのtotoよりも圧倒的に種類が多く、より深く賭ける事ができるのです。

ブックメーカー サッカーで人気No.1 プレミアリーグ

BET

プレミアリーグのクラブは豊富な資金力によって、各国代表のスター選手を獲得しています。中堅クラブから下位のクラブでも各国代表のストライカー等が所属し、熾烈な競争や激しいゲーム展開がプレミアリーグの魅力でしょう。

プレミアリーグは上位クラブでも、下位のクラブに負けることは多く、そのことは他のリーグと比較しても、面白い要素であり、ブックメーカーをより盛り上げています。

サッカーとブックメーカーの相性がとてもいいので、プレミアのスタジアムやクラブのスポンサーになっているブックメーカーは多数です。

ユニフォームスポンサーだけでも、2016-2017年シーズンは10クラブ、2017-2018年シーズンは9クラブと約半数にもなります。

それ以外でもブックメーカー大手のマラソンベット(MARATHONBET)は、世界1の人気クラブであるマンチェスターユナイテッドとパートナー契約をしているなど、プレミアリーグとブックメーカーはとても深い繋がりがある事がわかるでしょう。

イギリスには多数の店舗がありますが、現在ではオンライン専門のブックメーカーも多数あり、日本からでもサッカーのブックメーカーにBETするのはとても手軽になりました。

サッカー日本代表の敗戦に賭けられますか?

ゴールキーパー

日本人であれば、ワールドカップ予選や本大会での勝利を誰もが期待しているでしょう。

しかし日本代表の実力はFIFAランキングが示す通り、世界レベルで強豪国とは言えません。ワールドカップ本大会でも、グループリーグの突破は正直なところ厳しいでしょう。世界の強豪国と互角に戦える実力はありません。

ブックメーカーに向いていない人は、期待し応援している日本代表へ賭けてしまいます。

ブックメーカーに向いている人は、冷静に戦力を判断、そしてデータ分析をして、日本代表の対戦国へ賭けられる人でしょう。

自分が応援している選手やクラブ、サッカー日本代表の敗戦に投資できるほど冷戦な判断力や勝率アップへのこだわり、徹底した利益を追求する姿勢はとても大切です。

簡単なようですが、どうしても贔屓目な見方をしてしまい希望観測的な勝利予想をしてしまいます。

勝てる理由を探すような思考はやめましょう。