銀行口座があればオンライン決済が可能です

女子サッカー

ブックメーカーのオンライン決済は、日本国内から海外に入金するという形で行われます。

クレジットカードやデビットカード、ビットコインなどの仮想通貨などでも支払いを済ませることが可能ですが、通常の店舗型銀行やネット銀行から振り込むような形でも、ブックメーカーにおけるオンライン決済を完了させることも可能です。要するに銀行口座さえあれば、すぐにでもブックメーカーで賭け事を始めることが可能だというわけなのです。

ブックメーカーでのオンライン決済の際の注意点としては、手数料がかかる可能性が極めて高いという点です。

クレジット払いなら5パーセント程度の手数料が必要になる確率が極めて高いですし、銀行口座からの振込みでも送金手数料が必要になることが大半です。ただし銀行からの送金は、どれだけ高額でも一定以上の金額ならいくらまでと定められている場合が多くなっています。

それこそ100万円を超えるような大勝負をするときには、クレジットカードでの決済よりも手数料が安く済む割り合いが大きいことを覚えておくといいでしょう!

決済手段として多くのブックメーカーが対応しているのが、エコペイズにiWaalet、ビットコインにクレジットカードです。

サッカーなどのスポーツで賭けたいゲームがなくても、ブックメーカーをはじめる前に用意しておくとスムーズに賭けを始めることができるので準備しておくとよいでしょう。