ブックメーカーと税金の関係とは

円

ブックメーカーはゲームと考えられがちですが、利益を出したら税金がかかります。一時所得なのか雑所得なのか、意見が分かれるところです。FXや仮想通貨で得た利益は雑所得となります。競馬の払戻金などは一時所得です。

ブックメーカーは遊びとして楽しんでいる人と、投資と考えている人がいます。遊びで楽しんでいるなら一時所得、投資でやっているなら雑所得と考えられそうです。基本的には、ブックメーカーで出した利益は一時所得となるようです。競馬などと同じ扱いとなるわけです。投資でやっていることが証明できれば雑所得とできる可能性もあります。一時所得になったほうが50万円の特別控除が適用されるので有利です。

注意すべきなのは、計算の仕方です。ある日に20万円勝ち、次の日に10万円負けたとします。トータルの利益は10万円ですが、計算するときには負けた10万円はカウントされず、20万円に対して税金がかかります。負けた10万円は経費にはできないのです。そのため、考えているよりも税が高額になることがあるので注意が必要です。例えば、100万円勝って次の日に99万円負けるということを繰り返していたら利益はほとんどないのに税金だけが高額になっていきます。この点についてしっかりと理解をして、プレイ方法を考えるべきでしょう。

現金手渡しの競馬と違い、インターネット上にしっかりと記録が残っているので逃げられません。1,000万円以下では国税庁は調査しないという噂もありますが、100%と言えないです。
利益が高額であるほど目を付けられやすくなるそうです。